上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
プロレス Advent Calendar 2015の14日目(実質4人目)のじゅんこです。


主人と付き合いし出して5か月程たった、曇天のある日のデートでのことでした。主人から『今日はお台場に遊びに行こう』と提案が。

いつものデートは、当時、主人の会社のあった吉祥寺界隈がほとんどだったので、めずらしく遠出のデートに加え、お台場にも行ったことがなかったので『Yes!』と即答。

豊洲からウキウキとゆりかもめに乗り込みました。

しかし、車両が有明テニスの森駅に入線する間際に「やられた!!」と、あることに気付くのです。

この看板でね。
写真:プロレスリング・ノア外観

そうです。着いた場所は、プロレスリング・ノアの聖地【ディファ有明】でした。

主人が【プロレス超大好き・ノア大好き・馬場さん超尊敬・三沢命】なのは重々承知していましたが、一緒にプロレス観戦をするという概念は全くもって、私の辞書には存在しておりませんでした。

騙された感は無きにしも非ずでしたが、ディファ有明の入口をくぐり着席するころには、

  ・ 彼はよっぽどプロレス観戦に行きたかったんだな
  ・ 私にプロレスを見せたいんだろうな
  ・ このむさ苦し感、堪えられるか?
  ・ 百聞は一見に如かず。好き嫌いは、まず見てからだな
  ・ しゃーない。ビールしこたま飲んだる!

という考えに移行。

そして、ビール片手に【私のプロレス初観戦】と相成るわけです。

こちらがその時の対戦カード。

2007年7月1日、対戦カード

はい。そして、このときの【第4試合/6人タッグマッチ】での【KENTA】が、私のプ女子入部のきっかけとなります。美しい筋肉で覆われた細見のボディー(当時)にのった丹精な顔。次々と繰り出されるしなやかで華麗な技。

この日、私は【KENTA】の虜になりました。

この日を境に、主人とは苦なくプロレス中継を一緒に見るようになり、【KENTA】だけではなく【プロレス自体】が好きになり、今では水曜日には【週プロ】を率先して購入してくるまでにすくすく成長しております。

そういえば、大学生のころ東京ドームでビールの売り子をしていたのですが、売り子のバイト初日は、野球の試合ではなく、何故か東京ドームでプロレスの試合をやってました。リング上にリングシューズを置いて、なんかセレモニーみたいなことをやっていたのを覚えています。

初めてプロレスを見たっていえば、あれが本当の初になるのかも(笑)。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。